リンク集 ホーム

KPIマネジメント -KPI COMPANY-

お問い合わせ/お申込
コンサルティング 駐在員コーチング 研修サービス ISO取得支援 セミナー 中国教材 会社情報

研修サービス

ISO取得支援

<1> 品質管理研修
<2> 中国工場品質管理・中国異文化コミュニケーション研修
<3> コーチング研修(コミュニケーション研修)


 研修実績 (こちらをご覧ください)


研修の特徴

中国工場コンサルティング写真

 弊社ではは製造業の人材育成・意識向上・知識習得のための
 社内研修を提供しています。
 単なる坐学ではなく、ワークを取り入れ、自分で考え、他の人と
 討議することで、視野が広がると共に、知識が体験となりしっかり
 身につきます。

 ※研修内容や時間は、ご要望によりアレンジできます。
  社内研修のよい点は、必要な内容をピックアップしてカスタマイズできることです。
 ※少人数でも対応していますので、お気軽にお問い合せください。


<1> 品質管理研修メニュー

研修コース名 研修時間 対象者
 [1] 製造業・基礎  1日(4〜6時間)  新入社員
 [2] 工場管理・基礎  半日(3時間)  新入社員
 若手社員(入社2〜4年)
 [3] 品質管理・基礎  半日(3時間)  新入社員
 若手社員(入社2〜4年)
 [4] 品質管理・初級  1日(6時間)  若手社員(入社2〜4年)
 中堅社員
 [5] 品質管理・中級  1日(7〜8時間)  中堅社員
 リーダー
 [6] 個別テーマ
  1)外観目視検査
  2)ヒューマンエラー
  3)見える化
  4)在庫管理

 1)4時間
 2)3時間
 3)1時間
 4)2時間
 状況に応じて
  若手社員(入社2〜4年)
  中堅社員
  リーダー

各研修の目的・内容
研修コース名 研修の目的・内容
 [1] 製造業・基礎 製造業で働く社会人としての心構えや職場のルールを学びます。
製造業とは何か、製造企業の仕組みを理解し、併せて製造業の仕事の基本、工場勤務者必須の品質基礎知識を学びます。
併せて、同じ会社で働く仲間とコミュニケーションを取ることができようにコーチングの基礎研修を取り入れています。

                           
⇒ プログラムを見る
 [2] 工場管理・基礎 工場で管理する項目と内容を4Mという切り口で学びます。
特に4M変更管理の重要性を理解し、なぜこらの項目を管理するのか、その理由についても知っておいてもらいます。
また、この管理が不十分だった場合、どのようなことが起きるかを考えることで管理の重要性を理解した上で工場の仕事を担当してもらいます。

                           
⇒ プログラムを見る
 [3] 品質管理・基礎 品質とは何かから始めて品質管理の概念を自分自身の中に埋め込んでもらいます。
顧客クレームが会社に与える影響を再認識することで、仕事や品質に対する意識を高めます。
そして、工場勤務者必須の品質管理基礎知識をおさらいし確実なものにします。

                           
⇒ プログラムを見る
 [4] 品質管理・初級 当研修では品質管理に必要な知識を体系的に学びます。
品質管理を進めるためには、工程を数値でとらえ特性や要因を数値化することが必須になりますので、その考え方や方法を学びます。
そして、工程を管理する際のポイントである異常の発見に用いる統計的な方法について理解し、、業務で使えるようになっていただきます。

                           
⇒ プログラムを見る
 [5] 品質管理・中級 現場のリーダーやリーダーを目指す若手社員を対象に問題解決力を養います。
具体的には、問題解決の手順であるQCストーリーを理解し、品質管理や問題解決手法であるQC7つ道具の使い方を学びます。
QC7つ道具については、演習問題を実施することで単なる知識ではなく実践で使えるものにします。

 [6]その他
  1)外観目視検査
具体的にオープンセミナーで実施しているテーマを貴社にて開催します。
当研修では、外観検査の考え方や実施手順を解説します。具体的には、基準の設定、それを具現化した限度見本、検査員の能力を最大限発揮させる検査環境、そして検査員の育成・教育、検査精度維持のための定期認定について、わかりやすく解説いたします
また、検査精度アップやすり抜け防止の事例及び海外事例も併せて紹介します。
自社工場や外注先外観検査の見直しや指導方法の参考にしてください。

                      ⇒ プログラムを見る

<2> 中国工場品質管理・中国異文化コミュニケーション研修メニュー

No 研修コース名 期間(時間)
 [1]  中国工場で品質管理を実践する・指導するための研修  1日 (5時間)
 [2]  中国異文化コミュニケーション・中国j社員マネジメント研修  半日 (3時間)
 [3]  [1] + [2]
 中国工場で品質管理を実践する・指導するための研修
    +
 中国異文化コミュニケーション・中国j社員マネジメント研修
 1日 (6〜8時間)
 [4]  中国工場・中国人管理者育成研修
 2日+フォローアップ研修

対象企業
・中国に工場進出している企業
・これから中国に工場を設立される企業
・中国で生産委託や部品/商品を調達をしている企業


対象者

・中国工場の品質管理担当の方
・これから、または将来中国工場に赴任する予定のある方
・中国工場に品質管理や技術指導などで出張される方、出張している方
・中国工場の品質や従業員の意識の低さに悩んでいる方
・これから中国展開を考えている製造業の方
・中国進出して間もない企業の方
・中国内で生産委託を含め部材調達をして、その品質管理・改善に苦労されている方


[1] 中国工場で品質管理を実践する・指導するための研修
   (中国工場での品質管理の問題点と改善・指導のポイント)

 ※他社にはない当社独自の研修メニューです。

研修の狙いと概要
 中国工場の多くで品質問題が継続的に発生していながら解決に到らない、同じ不良が繰り返し発生するという課題に直面しています。なぜでしょうか?
 中国工場の生産現場に行くと様々な問題点に気が付きます。それら問題点の現象は見えても、それが起きている本当の要因はなかなかわかりません。日本とは違う中国独特の要因が奥にあるのです。
当研修では、それら中国独特の要因を「生産の3要素(3M)」という視点で捉え、どこの中国工場でも起きる品質問題の要因を浮かび上がらせ、原因を探り対応方法を考えます。
 一歩進んだ日系工場では、品質は一定のレベルになったものの改善の文化が定着しない、中国人主体で改善を進めることの難しさに悩んでいるところも少なくありません。
 中国人スタッフの育成が思うように進まないことが大きな理由です。
 当研修では、中国人スタッフの育成の進め方についても話をします。
 1日で自社工場の品質管理・改善の考え方・方法、そして取引先への品質改善指導や選定の判断ポイントについて学んでいただきます。

                                    ⇒ 研修プログラムを見る
期待される効果
・中国工場の問題点は何となくわかるが、それが明確になっていない方
  →頭の中が整理でき、自社問題点が明確になります
・改善を進めているが、今のやり方でよいのか不安を持っている方
  →問題対処への考え方、進め方が確認でき不安を解消できます
  →その結果、問題点の解消・改善の進み方が早くなります
・中国工場の問題点をあらかじめ知っておくことで、現地で起きた問題への対応力がつきます
・従業員教育の方法、進め方がわかります
・取引先指導の考え方や方法、品質管理/改善指導の糸口が見つけられます
※事例を使ったワークで問題の解決を一緒に考えていただくなど、実践的な内容にしています。
※中国で仕事をする上では、中国の人たちとコミュニケーションをうまく取ること、
  中国人社員をマネジメントすることがとても重要かつ必要です。
 工場で起きている問題点に加え [3] で実施する
 「中国異文化コミュニケーション・中国人マネジメント」についても、
 併せて学んでいただくとより効果的な研修になります。

[2] 中国異文化コミュニケーション・中国人マネジメント研修

※中国赴任前・出張前研修としても最適
  これさえ知っておけば、現地の仕事がスムーズに!
                                     ⇒ 研修プログラムを見る
中国赴任前・出張前研修のススメ
(何の予備知識を持たせずに中国に赴任・出張させてませんか?)
 弊社の中国工場・品質管理セミナーでの受講者ワーク(意見交換)では、ほぼ全員の方が中国赴任前には研修が必要だとお考えです。
 何も知らずに中国に行って苦労した経験をお持ちの方はもちろんですが、これから中国に赴任する、中国で仕事をするという方も必要と言っています。
 ではどんな内容の研修が必要かと言うと、
 ・中国や中国人を知る異文化コミュニケーションや中国人マネジメントがトップでした。
   中国人の気質や考え方を知って行くのと知らないで行くのは大違いです
   中国人をどのようにマネジメントしたらよいかもある程度知っておく方がよい
  と言うのが受講者の意見でした
 ・中国工場の実状やどんな問題があるのかが2番目でした
   弊社研修では、3Mを切り口として中国工場ではどんな人たちが、どのような管理でものづくりを行っているか
   を理解してもらうようにしています。
 当社の研修を受けることで、中国に対する不安や漠然としていたイメージが明確になり、研修を受けていない場合と比べ赴任後スムーズに仕事に取り組めるようになります。
研修の狙いと概要
 中国に工場があるのはあたりまえ、中国企業に製造委託しているのもあたりまえ、でも・・・

 製造業で中国に工場を持っている、中国企業に製造委託しているのはあたりまえのことになっています。
 ですが、中国で仕事をするにも関わらず中国のことをまったく知らずに行っている人が多いのが実状ではないでしょうか。そんな状況で中国ですぐによい仕事ができるでしょうか? 答えは、NO です。
 「敵を知り、己を知れば百戦危うしからず」のことわざ通り、中国のことを何も知らないで行ってもいい仕事はできません。事前に中国工場のこと、中国人のことを学んで行くことで円滑な業務の遂行につなげます。

 ・どうして間違いを素直に認めないの?
 ・中国の人はどうして指示されたことをやらないの?
 ・責任感ってないのだろうか?
 ・どうしたら定着してくれるのか?


 実はわたしも中国に赴任したばかりのころは、いつもこんなことを考えずいぶんストレスとなっていました。また、きちんと仕事を回すために中国人部下をどのようにマネジメントすればよいか悩んでいました。
 研修では、こうしたことがストレスとならないよう中国人とのコミュニケーションがうまくいくためのポイントや中国人社員をマネジメントするための考え方や方法をお話しします。
 本研修では、ケーススタディを使ったワークで実践力を身に付けていただきます。
 長期・短期に関わらず中国工場で技術指導される方や、中国の取引先に行って仕事をされる方の仕事がスムーズに進み、より大きな成果を出すことを目指しています。
                                    ⇒ 研修プログラムを見る
期待される効果
・中国で円滑に仕事が進められるようになります
・中国人の気質や特徴を理解することで、うまくコミュニケーションが取れるようになります
・いらぬ失敗や取り返しのつかない失敗をしないようになります
・余計なストレスが溜まらなくなります
・工場や中国人のマネジメントで失敗しないようになります
※ケーススタディを用いたワークを行い、実践的な内容にしています。
※製造業の方や中国で調達業務をされている方は、中国工場で起きている問題点についても事前に知っておいて
 いただきたいと思います。
 [1] で行っている「中国工場で品質管理を実践する・指導するための研修」ついても、併せて学んでいただくとより
 効果的です。

[3] 中国工場品質管理研修 + 中国異文化コミュニケーション研修

 研修[1] と [2] を併せて実施することをお奨めしています。

[4] 中国工場・中国人管理者育成研修


この研修への想い
 「企業は人なり」、これは日本だけでなくどこの国でも当てはまります。
 中国工場でいろいろなルールや仕組みを整備しても、それを運用するのは人です。特に現場でものと作ってくれる作業者を管理している班長・組長さんたちの役割は重要です。班長・組長さんたちのレベルで、製品のQCDが決ってしまうと言っても過言ではありません。
 つまり「班長・組長の意識やスキルレベル=工場のQCDのレベル」と言えるのです。
 工場のキーパーソンである班長・組長さんたちを教育・育成し、工場の管理レベルを高める、それが弊社の使命であると考えています。

 科長に求められるものは、班長・組長のそれとは違います。科長にはより高いレベルの意識と仕事を求めなければなりませんが、実際に出来ている工場は多くありません。科長には工場長を補佐する立場であることを認識してもらい、会社(工場)として何をしなければならないかを考えるように仕向けます。

1.班長・組長育成研修


研修の特徴
・教育(学ぶ)とワーク(自分たちで考える)の2つの柱で構成しています
1)教育(学ぶ)の部
 ・品質基礎教育
 ・意識を高めるための教育
 ・管理をするための教育
2)ワーク(自分たちで考える)の部
 ・ワークを通して自分たちに不足しているものは何か
 ・どのようにして作業者を管理していくのがよいか
 を考えます
                                    ⇒ 研修プログラムを見る
期待される効果
・工場で必要な品質基礎知識をおさらいし、知識を確実なものにします
 また、作業者にこれら内容を教育できるようにします
・班長/組長の仕事に対する意識改革を図るので、1人1人が責任感を持つようになります
・作業者管理など班長/組長として何をどのように管理するのかを学びますので、管理レベルが上がります

2.科長育成研修


研修の特徴
・あいまいになりがちな役割と責任について明確にして、それらを再認識させます
 (役割に関しては、事前に貴社の確認を取って進めます)
・教育(学ぶ)とワーク(自分たちで考える)を組み合せた研修です
・理想の科長となるように高いレベルの要求をします

                                   ⇒ 研修プログラムを見る
期待される効果
・科長の仕事に対する意識改革を図るので、1人1人が責任感を持つようになります
・自部門だけでなく、会社(工場)としてどうすべきなのかを考えるようになります
・工場長を補佐する立場であることを理解します

<3> コーチング研修 (コミュニケーション研修) メニュー





お問い合わせ/お申込



中国工場・品質管理の書籍

 こうすれば失敗しない!
 中国工場の品質改善
    <虎の巻>


 根本隆吉著(日刊工業新聞社刊)
     
  ぜひお読みください

メルマガ登録
メールアドレス

バックナンバーを編集して
順次こちらにアップしています。
こちらもお読みください。

無料セミナーテキスト
毎回高い評価をいただいている
中国工場品質管理セミナー
〜生産の3要素で捉える〜
「中国自社工場&生産委託先工場の問題点と品質管理・改善指導の進め方」 のテキストの1部を無料でお届けします。3Mの中でも重要度の高い「人(MAN)」の部分を中心にご覧いただけます。また、8回にわたってテキストのポイント解説をメールで配信します。セミナーのエッセンスを感じていただき、受講のご検討資料としてください。
セミナーテキストを請求する
駐在員コーチング・メール講座登録
お名前(姓のみで結構です)
メールアドレス
このページのトップへ
ホーム会社情報コンサルティングコーチングISO取得支援セミナー情報相談事例お問い合わせ/お申込
Copyright c 2011 KPI Company Inc. All Rights Resaerved.